羅臼岳硫黄山〜シレトコスミレに憧れて〜

0

    JUGEMテーマ:山行記録

    報告者:yuko

    年月日:2019/7/14-15

    山 域:知床半島の羅臼岳硫黄山

    天 候:雨〜曇り〜晴れ

    メンバー :yuko、他1名

     

    7/14

    05:30 木下小屋

    07:30 弥左吉水 

    08:45 銀冷水 

    09:30 大沢 

    10:15 羅臼平

    11:10 羅臼岳引き換えし

    11:35 羅臼平

    13:00 三ッ峰キャンプ地

     

    7/15 

    04:45 三ッ峰キャンプ地

    05:45 サシルイ岳付近

    07:20 オッカバケ岳付近

    07:45 二つ池キャンプ地

    08:55 南岳

    10:35 知円別岳

    11:10 第二前衛峰?

    12:30 硫黄山分岐

    15:05 新噴火口

    16:35 硫黄山登山口

    16:50 ゲート

    シレトコスミレを見たい!という友人と今回の山行を計画した。

    花の季節は短く、花期からは少し遅めの日程である。

    見れるのか?!と思いながらも、花も緑もとてもきれいな知床の奥深くへ入り込む。

     

    7/14

    木下小屋を出発、樹林帯は雨がかからず、しっとりした空気に包まれながら登っていく。

    弥左吉水、銀冷水と豊富に水がある。

    行き交う人は日帰り装備で軽快に登っていくが、先は長いと、ペースを保つ。

     

    大沢の入り口に到着、雪渓はない。

    足元には花が咲いている。

     

    ツツジ??

    エゾノツガザクラ

     

    チシマクモマグサ

     

    チシマギキョウ

     

    オトギリソウ

     

    ウメバチソウ

     

    アオノツガザクラ

     

    ゴゼンタチバナ

     

    お花畑を通り抜けると、羅臼平に到着。休憩後ピークに向かうも、雨と霧で、羅臼岳からの眺望は望めないだろう。途中で引き返し、羅臼平から硫黄山方面へ向かう。ハイマツなど低木が道を覆い、藪漕ぎをしつつ進むと、また一面のお花畑が現れる。チングルマが花を咲かせ、綿毛もつけて、かわいらしい。ハクサンチドリ、コザクラソウは紫色が鮮やかだ。

     

     

     

    景色を楽しむうちに、三ッ峰キャンプ地に到着。天気は翌日が回復傾向なので、今日は無理せずゆっくり、と停滞。

    ヒグマの生息地域で、フードロッカーがテント場の周囲にある。ヒグマに襲われないように、またヒグマが人間の食料の味を覚えることがないように、フードロッカーへ食料すべてを入れる。

     

    外は雨。テントの中で湯を沸かし、ご飯を食べた。あとはひたすら休む。

     

    7/15

    翌朝、雨は上がるが、霧は立ち込める。

    テント場周囲の様子。標識があり、道の向こうにうっすらフードロッカーが見える。水場もある。

     

    出発。稜線沿いを進み、サシルイ岳付近で、羅臼岳の山頂が見えた!

     

    オッカバケ岳付近を通り過ぎ、雪渓の淵を下る。アップダウン繰り返し、二つ池キャンプ地で休憩。

     

    そこから南岳にむかう稜線で霧がはれ視界が開けた。オホーツク海と太平洋の両方が見れる、知床半島の背骨に当たる部分。最深部の最深部に入る。山並みが美しい。

     

    風が強い南岳を過ぎ、知円別岳へ向かう稜線沿い、そろそろシレトコスミレの生息地である。砂礫地に、花が終わって結実した株があちこちにある。これも可愛い、けど見たいのは花!

     

     

    そして見つけたのは、ハイマツに囲まれたシレトコスミレ。同行者の観察眼に脱帽。

     

     

    足元に注意を向けながら、先を急ぐ。硫黄山へ向かう稜線が見えてきた。

     

    がれた道と切り立った稜線に気圧される。実際行ってみると危険個所はそれほどではなかったが、油断はできない。砂礫地にシレトコスミレは生息しており、ふと見つけると気持ちが和む。

    第二前衛峰から硫黄山山頂を臨む。後ろはオホーツク海。

    ピークは目指さずに、硫黄山への分岐を硫黄沢方面へ下山。分岐手前の砂礫地にはあちこちでシレトコスミレが花を咲かせていて。

     

    可憐な白い花。目的を達成して、満足感とともに下山。下りはコザクラソウがあちらこちらに。

     

    硫黄山登山口。最後に晴れました。

    そして、ゲートまで歩いて、山歩きはおしまい。

    ヒグマにも会わず、上出来な2日間でした。


    コメント
    天候と体調と相談しながらの山旅、お見事です。
    二日目の行動時間は12時間オーバー、お疲れ様でした。
    知床スミレに会えてよかったですね。
    • Gny
    • 2019/07/23 10:04 PM
    雨の日のしっとり山行も風情がありますね。
    晴れていたら、見えない景色が雨の日にはあるような気がします。短い北の国の夏もいいですね。
    • おばじゅん
    • 2019/07/24 7:40 AM
    G兄さん
    ありがとうございました。時間的にもぎりぎりで、今回は縦走に絞りました。いつか、体力をつけてピークも踏みたいと思います。

    おばじゅんさん
    しっとり雨の良さもありますね。花が鮮やかに見えて、雲海も、霧の間から見える山並みも綺麗でした。そういえば、セミナーは雨ばかりでしたね。
    • yuko
    • 2019/07/24 9:15 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 暑い夏、パノラマ銀座縦走!
      はじめちゃん
    • 暑い夏、パノラマ銀座縦走!
      Gny
    • 梅雨と夏山の境に北アルプス縦走4日間
      やまけん
    • 念願の大雪山へ(黒岳)
      Gny
    • 梅雨と夏山の境に北アルプス縦走4日間
      タジー
    • 梅雨と夏山の境に北アルプス縦走4日間
      やまけん
    • 梅雨と夏山の境に北アルプス縦走4日間
      Gny
    • 早朝の岩湧山へ
      Gny
    • 霧氷ハイク 三峰山
      ike
    • 霧氷ハイク 三峰山
      はじめちゃん

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM