スノーシューな赤坂山

0

    JUGEMテーマ:山行記録

     

    報告者:Gny

    年月日:2017/2/26

    山 域:赤坂山

    天 候:晴れ時々くもり

    メンバー :まっちゃん、G兄

     

    コースタイム

    09:12 さらさ温泉

    10:15 武奈ノ木平

    11:05 粟柄越

    11:20 赤坂山

    11:30 粟柄越

    13:00 寒風

    14:12 さらさ温泉

     

    行動時間:5時間

     

    今年は、日本海側で雪が多い。

    ならば、一度は、赤坂山へ行かねば!と思いつつ、ズルズルと行けない週末が続き、2月も今週で終わりかぁ・・・

    そう言えば、今週末はモンテスから2人参加しているハイキングセミナーも赤坂山に行ってるし・・・・

     

    「よし!明日行こう!」と土曜日の夕方に思い立って、まっちゃんを誘ってみたら、OKの返事。

    おぉ〜、これは行くしかない!!

     

    てなことで、急遽、計画書作って、雪がたっぷりある赤坂山から寒風までをスノーシュー履いて歩いてきました!

     

     

    厳冬期に、赤坂山から寒風をラウンドするためには、天候、雪質、時間など、

    色々条件が整わないと難しい。

     

    大阪駅6時39発の快速に乗って、マキノ駅に着いたのは8時40分。

    駅から予約していたタクシーに乗って、登山口に9時前に到着です。

    ふぃ〜、やっぱ、赤坂山は遠い!

     

    パパッと準備を終え、雪がたっぷりあるスキー場を歩き出したのは9時12分!

    上出来です。

    武奈ノ木平までは、ダラダラとした登りが続きます。
    多くの登山者に踏み固められて歩きやすくなっている登山道。
    先を行くまっちゃんは、涼しい顔でサクサク歩くのですが、
    私は、額から汗をかき、必死について行きます汗
    1時間ほどで、武奈ノ木平に到着です。
    !cid_15a79cc22f6ec2414ae8.jpg
    四阿の屋根まで雪があるって・・・やっぱ今年は多いですね。
    ここから更に雪が深くなるので、私はスノーシュー装着ぴのこ:)
    まっちゃんは、「もう少し、このままで行きます」と、ノンワカンでスタート!
    予想通り、雪は深くなりましたが、
    比較的歩きやすい登山道が続き、ノンワカンでも問題なしでした。
    雪の上にしっかりトレースがついた登山道をぐんぐん登っていくと、
    大きなパーティに追いつき・・・
    「おっと、崖美発見! その先には、はじめちゃん!」
    ハイキングセミナーのパーティと遭遇ですき
    山頂くらいで会えるかなとは思っていたけど、予期せぬ早いタイミングでの遭遇にテンション矢印上
    しかし、先を急ぐ私たちは、
    挨拶もそこそこに、山頂目指してグイグイ上がっていきます!!
    !cid_15a7f41455bec2414ae2.jpg
    山頂直下、最後の急登です。
    遥か先を行く、まっちゃん追いかけ、ファイト〜、イッパ〜ツ!!
    まっちゃんに引っ張られ、
    11時20分に赤坂山登頂!
    !cid_15a79cc0c7aec2414ae6.jpg
    予定より30分早く、おつかれ〜〜〜〜=3
    思っていたより天気もよく、風もなし、雪質よし、ということで、
    休憩もそこそこに、寒風に向かい出発です。
    まっちゃんも、ここでワカン装着です。
    山頂目指して登ってくるセミナー隊と再会。
    !cid_15a79cc0234ec2414ae5.jpg
    !cid_15a7f412f8cec2414ae1.jpg
    粟柄峠から先の稜線歩きは、ほとんど人が歩いていなく、
    先行者のトレースを頼りに、爽快な雪原をガシガシ進みます!
    !cid_15a79cbe213ec2414ae4.jpg
    進行方向に見え隠れする太陽に向かって歩くので、
    直射と照返しで、日焼けしそうな感じです。
    !cid_15a79cbd170ec2414ae3.jpg
    南に琵琶湖、北に敦賀湾を見ながら、まさに分水嶺の絶景に
    テンションMAX矢印上で、喜びの舞Docomo108Docomo_kao8
    !cid_15a79cc680697d1cc2ba.jpg
    ほとんど人にも会わず、静かな雪の稜線を歩くこと1時間弱、
    琵琶湖を見下ろす絶景ポイントでランチを頂き、再び歩きだすも、30分ほどで寒風に到着。
    予定より1時間も早かったので、まったり琵琶湖を眺めて休憩。
    !cid_15a7f422fcf3e2d54254.jpg
    琵琶湖って大きい・・・
    10分ほどすると、体が冷えてきたので下山開始です。
    !cid_15a79cbb68aec2414ae2.jpg
    ここからは、マキノ高原スキー場に下るだけ!と思いきや、
    おっとどっこい、ザラザラとした雪は重く、ズルズル滑り、
    スノーシューのエッジも効かず、歩きにくいのなんのDocomo_kao20
    !cid_15a7f415411ec2414ae3.jpg
    新雪が嬉しくて、急斜面をトラバースしていると足をとられて、
    アッと思った瞬間、頭から真っ逆さまの一回転の大転倒!
    右足を捻ってヒヤっとしたけど大事に至らす、ほっDocomo_kao18
    そして、雪の下は大きな空洞ができていて、まるで自然の落とし穴。
    ワカンを履いていたまっちゃんも、足を落として自力脱出不可能に。
    !cid_15a79cb8c19ec2414ae1.jpg
    二人がかりで、雪を書き出し、ようやく脱出。ほっDocomo_kao18
    既に、疲労がピークの足腰に、この悪路。
    何回、転んだかわからないくらい転び、ボロボロになってスキー場に無事帰還。
    おつかれ〜〜〜。
    最後は、さらさ温泉で、汗を流して、ハイ出来上がり!
    おしまい。

    コメント
    お疲れさまでした
    初の赤坂山でしたが、雪が堪能でき楽しかったです。ありがとうございました。
    • まっちゃん
    • 2017/02/27 7:05 AM
    雪と格闘していますね!?
    ケガが無いことが一番です。

    お疲れ様でした。

    • タジー
    • 2017/02/27 10:17 PM
    お疲れ様でした。
    セミナーでのモンテスのイメージ向上にご貢献いただきありがとうございました‼
    • 崖美
    • 2017/02/28 2:31 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM